酒井歯科 SAKAI DENTAL CLINIC インプラントを受けられた患者さんからのメッセージ 当院までの交通アクセス スタッフブログ始めました 求人募集ページ 酒井歯科
  • HOME > 
  • インプラントを知ろう

インプラントを知ろう

インプラントの構造を知ろう

インプラント(implant)は、「植え付ける」という意味を持つ言葉で、歯科の領域においては、「人工歯根を顎の骨に埋め込む治療」、あるいは「人工歯根」そのものを指します。
インプラントは、天然の歯に近い構造でつくられており、歯根(歯の根の部分)の役割となる「インプラント体」、歯冠(歯の部分)の役割となる「上部構造」、インプラント体と上部構造を連結させる「アバットメント(支台部)」の3つの部分で構成されています。

PAGETOP

インプラントの長所・短所を知ろう

インプラント治療には多くの長所がありますが、その反面いくつかの短所もあります。 また、インプラント治療は外科手術を伴いますので、患者様が手術可能であるかどうか、全身的な健康状態や骨の状態など、より精密な検査が必要になります。信頼できる医師のもと、正しい治療計画に基づき、適切な治療を進めることが重要となります。

インプラントの良い点

  • 天然歯の噛み心地
    インプラントの構造は従来の治療法に比べ天然の歯に近いので、固いものや粘性のある食べ物もおいしく食べることができます。
    また、入れ歯のように器具が口の中を覆うこともありませんので、食べ物の味や舌触りなどを損なうこともありません。
  • 一本から全歯欠損まで治療可能
    インプラントは欠損部分だけを補うことができる治療方法です。独立した構造をしているので、ブリッジや入れ歯のように他の部位に負担をかけることはありません。
  • 審美性に優れている
    たとえば、入れ歯などではバネのような露出した部分が見えてしまうことがありますが、インプラントは見た目が自然で金具が露出した部分がありません。大きな口をあけて笑っても他人に気づかれることはありません。
  • 特別な手入れが不要
    人工歯根は顎の骨と直接結合しているので、取り外してのお手入れは全く不要です。日常のお手入れは天然の歯と同じように歯ブラシで毎食後にブラッシングするだけです。入れ歯のように食べ物が挟まって不快感を感じることもありません。

インプラントの悪い点

  • 治療ができない場合がある
    インプラントは手術が必要な治療ですので、誰にでも治療ができるわけではなく、重度の糖尿病の方や全身疾患がある方など、インプラントができない場合があります。
  • 治療期間が長い
    インプラントと顎の骨が結合するまでに時間がかかるため(約6週間以上)、治療完了までの期間が他の治療方法に比べて長くなります。
  • 治療費が高い
    インプラント治療は自由診療となりますので、保険適用の治療に比べて治療費が高くなってしまいます。
  • 慣れるまで数ヶ月、時間がかかる
    インプラント挿入直後は、ごつごつ感があるので、天然の歯に比べ、2ヶ月〜3ヶ月、違和感がある可能性はありますが、数ヶ月経つと、安定してきますので、ご安心ください。