酒井歯科 SAKAI DENTAL CLINIC インプラントを受けられた患者さんからのメッセージ 当院までの交通アクセス スタッフブログ始めました 求人募集ページ 酒井歯科
  • HOME > 
  • こんな方にインプラントはお勧めです

こんな方にインプラントはお勧めです

インプラントには様々な利点があります。

下記項目に該当する項目がある方には特にオススメな治療法です。

入れ歯のバネが気になり、人前で笑顔を出しづらい方

入れ歯ですと、会話や食事など、お口をあけた時に金属のバネが見えてしまうことがありますが、インプラントは、天然な歯と同じような見栄えになります。
また入れ歯に比べてインプラントは、発音の障害が少なく、人前でお話するのも楽になります。

固いものが噛めず食事を楽しめない方

入れ歯は天然歯の1/3程度の咀嚼圧になりますので、特に硬いものを噛むときに痛みを覚え、歯肉全体を入れ歯の装置が覆うので、食べ物の触感や温度が分かりにくくなり食事の楽しみが半減してしまいます。その分、インプラントは咀嚼圧が天然歯と同じであるため、美味しくお食事をとることができます。 ※咀嚼(そしゃく)とは・・・食物をよく噛んで砕いていき、唾液を分泌させて食物とよく混ぜ合わせ、呑み込みやすい大きさにして食物の消化吸収を高めることです。

入れ歯を取り外して清掃することにわずらわしさを感じる方

入れ歯は食事のたびにお口から取って清掃しなくてはなりません。家族の前ですら、入れ歯をはずしているところを見られることに抵抗ある方は多くおられます。また、清掃が不十分だと歯周病(歯槽膿漏)の原因となります。
インプラント治療は固定式ですので、取り外して清掃する必要がありません。

ブリッジで両隣の健康な歯を削ることに抵抗のある方

ブリッジ治療をする場合、ブリッジの土台にするために虫歯がなくても隣在歯を削る必要があります。場合によっては、削るだけでなく神経を抜かなくてはならなくなります。神経を抜いた歯は健康な歯よりもろいので、ブリッジを長く使っているうちに歯根が割れてしまうことがあります。インプラント治療なら、隣の歯を傷つけることなく欠損した歯だけを治療することができます。

一番奥の歯を失い、ブリッジができない方

ブリッジは、両隣に支えとなる歯がないと治療ができませんので、一番奥の歯を失った場合は部分入れ歯かインプラントのどちらかになります。たった一本の欠損に「入れ歯」を使うということに抵抗を感じる方にはインプラントがお勧めです。

入れ歯でしゃべりにくい方

入れ歯を使い始めてすぐは、発音のしづらさを感じます。人前で話す機会の多い方や英語を話す方は入れ歯により発音が不明瞭になります。

入れ歯が合わず何度も作り直している方

入れ歯は歯肉を圧迫するので、歯肉がどんどんやせていきます。歯肉がやせると入れ歯との間に隙間ができ、密着しにくくなりお食事中などに外れることがあります。

嘔吐反射の強い方

インプラント治療は、本当の自分の歯のような感覚です。
入れ歯はお口の大部分を覆うので、嘔吐反射が強い方は長時間の装着が困難なことがあります。

PAGETOP

反対に、こんな方にはインプラントはオススメできません!

全身的な疾患要因がある人

骨粗鬆(しょう)症・糖尿病、腎臓病・その他全身的な疾患要因がある方には、インプラントはお勧めしません。
インプラント治療を望まれており、上記疾患がある方は、一度歯科医師までご相談ください。