酒井歯科 SAKAI DENTAL CLINIC インプラントを受けられた患者さんからのメッセージ 当院までの交通アクセス スタッフブログ始めました 求人募集ページ 酒井歯科
  • HOME > 
  • 歯を失った場合の治療方法

歯を失った場合の治療方法

歯を失ってしまったところを補うための治療として、ブリッジ治療、取り外しができる部分入れ歯や総入れ歯、そして最新欠損治療と呼ばれているインプラント治療の3種類があります。

欠損時の治療法@ブリッジ治療

失ってしまった歯の両隣の歯を削って、かぶせ物をして、橋をかけます。
橋をかけるために、ブリッジと呼ばれている治療法です。

ブリッジ治療の長所

両隣の歯を支えとして、しっかりと固定できるので、自分の歯と同じように噛む事ができます。ブリッジは使用上特に違和感もなく、材料によっては人工歯であることがほとんどわかりません。入れ歯に使われる様なバネや金属は必要ないため、見た目も自然で、固定式になりますので、取り外したり、装置を洗ったりする手間はかかりません。また、治療期間が比較的短いという利点もあります。

ブリッジ治療の短所

ブリッジの欠点は、なんといっても、「両隣の健全な歯の寿命が縮まる」点が挙げられます。 ブリッジは、失った歯が1〜2本と比較的少ないときに行う治療法です。失った歯の隣にある健康な歯を削って支台とし、連結した人工の歯を橋のようにかけますので、基本的には最低3本が1セットとなります。つまり、ブリッジ装着時に、当然、両隣の歯を削らなければなりません。削るとやはり歯の寿命は短くなります。 そして、装着後にも両隣の歯に負担がかかります。例えば1本歯を失った場合、前と後ろの歯を削り、3本分の噛み合わせの力を2本分で支えるために、過重負担になります。(単純計算でも1.5倍も圧力が必要)欠損が2本分であれば、さらに過重負担になる事が考えられますね。また、両隣の歯と被さっているダミーの詰め物の間の清掃が非常に困難なため、この間から虫歯や歯周病になる可能性が高まります。

PAGETOP

欠損時の治療法A義歯(入れ歯)治療

歯を失った場合の治療で、従来からある最も一般的な治療法が、義歯治療です。
義歯(入れ歯)は、着脱式の人工歯です。歯が抜けてしまった部分が一部であれば部分入れ歯、全ての歯が抜けてしまった場合は総入れ歯を使います。

義歯治療のメリット

健康保険が使えることが挙げられます。(保険がきかない入れ歯もあります)
また、修理しやすいというのもメリットになると思います。

義歯治療のデメリット

歯を失ったときに行う治療のうち、今まで最も多かった治療は、この部分入れ歯でした。 入れ歯は、歯肉の上から歯をかぶせたりするだけですので、異物感があったり、味覚や触覚が損なわれ食事を美味しく食べられないことなどのデメリットがあります。また加齢とともに歯肉がやせ、入れ歯が合わなくなるケースも少なくありません。 このように部分入れ歯のデメリットは、「見た目が悪い」「噛む力が弱まる」「顎(あご)の骨がやせることで歯並びが悪くなる」など色々とありますが、一番大きいデメリットは、「残っている歯に大きな負担をかけ、寿命を縮める」ことです。

当院では、保険外治療で行う精密義歯治療も行っております。
詳しくは、「最新義歯治療のご案内」からご覧ください。

PAGETOP

欠損時の治療法Bインプラント治療

インプラント治療とは、人工歯根(インプラント)を用いて失った歯の機能を回復する歯を補う治療です。失った歯の部分の顎の骨にインプラントを埋め込み、その上に人工歯を被せて歯の本来の機能を取り戻す最新治療です。
ブリッジや入れ歯治療とは異なり、オペ処置になります。
インプラントを詳しくお知りになりたい方は、以下からクリックしてください。